源泉からの温泉が自慢 中禅寺湖をのぞみ、奥日光の大自然に抱かれるホテル

四季彩だより

bg

戦場ヶ原のズミ情報

戦場ヶ原ズミ

昨日(6月18日・金)は天候はこの梅雨の時期の空らしく、
雨が降りそうな天候でしたが、雨にはならないで済んだ一日でした。
そんな天候にも関わらず、また、平日でもズミの花、他をご覧になる
観光客で賑わっていました。

戦場ヶ原ズミ小路

戦場ヶ原の入り口、赤沼近くの遊歩道も今が見ごろでした。
りんご科の一種ということですが、やはり甘いかおりが
ただよっていました。
さりげない花ですが、この季節らしい花かも知れません。


半月峠

足を伸ばして半月峠にも行ってきました。
この空でしたが、新緑に覆われた景色は
爽やかでした。

ちょうど、遊覧船が通りながら船内のアナウンスが
山の上でも聞こえるほででした。
- | comments (0) | trackbacks (0)

わが家

どもどもぉーv(^O^)v
「奥日光のムツゴロウ」がいまいち浸透しないため、さみしさに負けてしばらく充電していたダイニングなかいです。


前回の書き込みですが、「パンチが効いていない」や、「おもしろみに欠ける」などの厳しくも温かいご意見をいただいたので、今回は弾けたいと思います。




さて、前回は奥日光のお猿さんについて触れましたが、今回は“鹿さん”について触れたいと思います、弾けて。




本来の鹿さんはどうなのかまでは知りませんが、奥日光の鹿さんは夜更けに姿を現します。日中その姿を見かけることはまずありません。
受け売りですが、どうやら夜中に中禅寺湖のお水を飲みにやって来ているようです。






夜中、喉渇きますもんね。






僕も実家に居た頃は夜中に喉が渇いて起きて行くと、暗闇の台所で父と出会い、よくビックリしていました。( ̄д ̄ )





そうです、お互い飲み過ぎなんです。






鹿さん親子もそんな感じでしょうか。








きっと鹿さんのお母さんも、「もぉ、夜中に飲んだ牛乳パックくらいちゃんと捨ててよねぇ!」とか言いながら、お父さん鹿のお弁当を作っているのだと思います。

そしてきっと鹿さんのお父さんは、「行くときゴミ出すの忘れないでねー!」とか言われながら、今日もネクタイを締めているのだと思います。






がんばれっ!お父さん鹿っ!


                     ぐっらっ♪なかい









●Kわらいさん、今日のゴリ押し●
最終回にはまだ早いわ!お続けなさい!おーーーっほっほっほっ(高笑い)
はい、後半は着色しました。 しーゆー♪
- | comments (0) | trackbacks (0)

ダイニングなかい 其の8

どーもぉ V(=^0^=)V 

ダイニングなかい改め、奥日光のムツゴロウなかいです。

最近ネコの話題ばかりだったので、今回は別の動物について触れてみたいと思います。




当館が在る「奥日光」で連想される動物と言えば、皆さんは日本猿を思い浮かべると思います。


実際に僕自身もここへ来るまでは、「日光=猿」くらいの知識しかありませんでした。





マスメディアを通して視ていた日光のお猿さんは、少し油断すると車や商店などに侵入し、食料を奪って逃走や闘争を繰り返しているような報道がされていたのをよく覚えています。







でもいざ奥日光へ来てみると、お猿さんを見るのは“レア”くらいの勢いです。とは言っても都会に居るよりは遥かに出会う確率は高いのですが、(当たり前ですが…)思っていたほどウロウロしていないんです。





しかし、当時は報道されていた通りの被害が実際に巻き起こっていたと思うので、ここまでの落ち着きを取り戻すのには、地元の方々や観光客の方々の多大なる努力や協力があったに違いありません!






お猿さんはお猿さんで必死に生きているはずなので、今後もっともっとお互いが上手く共存して行けるような環境やアイディアが整って行けば良いなと思います。





僕に出来ることは何かないだろうか…








今のところ思いつきません。が、思いつき次第発表します!










ちなみに奥日光の鹿さんについても触れようと思っていたのですが、お猿さん熱が熱くなっているうちに何か考えようと思いますので、今回はこの辺で。。。

                  

                ぐっらっ♪ムツゴロウ
- | comments (0) | trackbacks (0)