源泉からの温泉が自慢 中禅寺湖をのぞみ、奥日光の大自然に抱かれるホテル

四季彩だより

bg

春本番直ぐそこ!春待ち龍頭の滝

春待ち龍頭の滝

龍頭の滝の隣に、見えるのはトウゴクミツバツツジですが、今固い蕾の状態ですが、龍頭の滝への週末の観光客は多くなりつつあります。年配のご夫婦だけでなくて、若いカップルが結構訪れていました。

3月も、いろは坂を含めて雪の降雪は道路上に関しましては、ほとんど心配ないような日が続いています。もちろん、まだまだ積雪は4月になってもありますので、決して雪はが降らない訳ではありません。

4月になると、厳しかった冬が終わり、様々なイベントが動き出します。
随時ご案内していきます。
- | comments (0) | trackbacks (0)

春を先取りする春のデザート紹介!!

春のデザート

このデザート紹介しない訳にはいきません!
南の味と風を運んでくるような日向夏を使用したデザートの紹介です。

★日向夏クリームブリュレ
 マイルドでメローなテイストの日向夏の果肉と果汁を加えた
 絶妙なクレームブリュレ 一つ食べるともう一つ欲しくなる
 調理長創作の一品

★柚子シャーベット
 シャワシャワ感でも、ザラザラ感でもない、濃厚な食感が美味しい!
 (秘密は水飴を入れてこの濃厚な舌触り

日向夏とは?
色や味は通常の夏みかんよりグレープフルーツに近く
グレープフルーツより酸味がすくなく、薄味でさっぱりしてる!


クレームブリュレ(フランス語:Creme brulee)は、
カスタードプディングと似たデザート

フランス語で「焦がしたプディング」という名称のとおり
カスタードの上面には、砂糖をグリルやバーナーで軽く焦がしたもの
- | comments (0) | trackbacks (0)

目でも堪能できる春の会席

春の会席
いかがお過ごしでしょうか。
震災から一年、365日は過ぎました。
一日一日が闘いのような日々を送ってこられた方が多いと思います。
被災地と被災された方々の一日も早い復興を心から祈念いたします。

本格的な春に近づく前の春の予感をここそこに感じる季節になりました。
雪解け水が流れてきたり、空の色が違ってきたりしますね。

お料理も春めいた旬の材料を使用したものをご提供しております。
とちぎ和牛、日光ゆばを使用した調理長自慢の会席料理を同じく大好評の硫黄泉の温泉と共に堪能して下さい。

調理長

皆様のお越しをお待ち申し上げます。
- | comments (0) | trackbacks (0)

しんしんと降る雪の中!厳かな中禅寺(立木観音)!

雪の中禅寺

雪が降れば降るほど、春は近くなりつつあると思いましょう。
遠くはなっておりません。

確か、春一番も先日吹き荒れました。
でも、3月に入ると東京とか、都市部でも雪が降りました。
里(都市部)に降る雪は里雪と教わりました。

中禅寺湖を目の前にした中禅寺(立木観音)の写真を撮りにいきました。
しんしんと降り積もる雪の中、
人気のない中で、厳かにに凛としたたたずまいは、
心清められるそんな瞬間でもありました。

雪中禅寺横から

体がひえてくると硫黄泉の温泉の香りが恋しくなります。
そんな時は、是非奥日光ホテル四季彩のご宿泊をご検討下さいませ。

また、日曜、平日は日帰り温泉もお楽しみいただけます。
- | comments (0) | trackbacks (0)

春に向けての試食会が行われました!

気候が安定しない日々ですが、いかがお過ごしでしょうか。
三寒四温という時季にあたるんでしょうか。

今日は温かくても、明日はまた冬の寒さが戻るといった
油断すると風邪を引きかねない毎日が続いていますね。

ホテル四季彩では春に向けての試食会、新しいメニューの準備が
進んでおります。

一品一品が季節を感じさせ、見た目もきれいで、スタッフ一同から
大好評の試食会となりました。サービススタッフを含めて検討を更に重ねてご提供されるようになります。

画像はお刺身ですが、これも非常に好評でした。お酒の好きなスタッフからも
「これはお酒がすすむね」のコメントが沢山あがりました。

試食


携帯の画像でしたので、
改めて順次画像もアップしてご紹介していきたいと思います。

「地肴を使って春待ちの彩り」と題した一品でした。

山鹿、細巻海老、日光生湯波、白魚造り、わらび等でした。
(メニュー試作のものです、イメージとしてご了解下さいませ。)
- | comments (0) | trackbacks (0)

雪見ツアーは満席!

チェックアウト0305

チェックアウトのお客様のお車が埋もれました。
玄関前に駐車してあるお客様のお車が昨晩からの雪で、
写真のような状態になってしまいました。
傷をつけないよう気をつけながら、玄関脇に着けます。

この冬一番の積雪!
寒さの一番厳しい2月よりも、3月のほうが積雪量は多くなる傾向。
こういうのを「里雪」って言うんでしょうか。

冬ならではの、絶景!
いろは坂などもまるで、雪のトンネルのような感じになっております。
ちなみに、通行止めの心配はございません。
除雪車はフル回転で、安全通行を確保しております。
(お疲れ様です!)

それでも、この降雪の中、竜頭の滝、華厳の滝へのご「雪見ツアー」は
満席で出発しました。

ご宿泊誠にありがとうございました。
また、皆様の再度のお越しをお待ちいたします。
- | comments (0) | trackbacks (0)

真っ白な「ひな祭り」

本日朝から、奥日光、特にいろは坂、目に見える全ての景色、道路、道路を覆う木々、遠くに見える山並み、空、全てが白一色。
出勤途中のいろは坂で目を奪われました。中には、交通量の少ないいろは坂の
途中の道路真ん中に車を停めたまま、携帯で写真を撮っていた方もありました。(危ないですね!)

昨晩からの重い湿気を含んだ雪が付着して樹氷になっていて、まるで樹氷の樹海といった方がぴったりな光景。

ホテル四季彩周辺も昨日、夕方からの積雪が結構ありました。今の時期ならまだ、雪見の露天風呂も堪能していただけます。冬の四季彩を未経験な方はどうぞ、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

huyurotenn

静かな冬ならではのご宿泊をご希望の方は今の時期でのご宿泊をご検討下さいませ。お得なプランもご用意しております。

こちらからどうぞ。→温泉・会席料理&冬カクテルor銘酒付プラン1500円オフ
- | comments (0) | trackbacks (0)

日光おひなさまイベント情報〜3月3日(土)

節句の間、各家庭などで眠っているひな人形を店のショーウインドーなどに飾り、観光客らに楽しんでもらう試みが十五日から、日光市の鉢石地区を中心に開催されている。名付けて「鉢石宿のおひなさま」。

「各家庭には眠ったままのおひなさまが多い。日光でもおひなさまで町に活気を取り戻せるかもしれない」と思い立ち、地域の人たちや商店街に協力を呼びかけ、開催にこぎつけた。期間は十五日から三月五日まで。

ひな祭り

ひな人形が飾られるのは、商店のショーウインドーや家の出窓など。人形は古いもののほか、新しい人形や手作りびな、オリジナルなど何でも自由。歩いている人が楽しめるように飾りつけられ、参加する商店や家には目印として入口などにスギの枝がつるされる。

表通りだけでなく、裏通りの家なども参加、約九十軒ほどがひな人形を飾る。また市や観光協会も協力、旧東電の市施設ではお茶のサービスも行うという。

鉢石地区では江戸時代の五街道の一つ、日光街道の最終宿。佐藤さんらは「これから参加者がさらに増え、日光の春一番の催しとして定着していったらうれしい」と話している。

●2月11日(土)〜3月3日(土)10時〜15時  郷土センター2F
【お休み処 お茶の接待】
段飾り・つるし雛等の展示。 町歩きの中でのお休み処です。
ボランティアのみなさんとお客様との触れ合いを求めて!お茶をどうぞ…

●2月11日(土)、12日(日)、18日(土)、19日(日)、25日(土)、26日(日)、3月3日(土)
10時〜15時  郷土センター2F

【遊印教室 矢野美枝子絵手紙教室の仲間達】
絵手紙作品展示 遊印をつかってカード作りましょう!(材料費実費)

●2月11日(土)〜3月3日(土)10時〜15時  郷土センター2F
【おりがみ展示】
おひなさまの折り紙を中心に展示。

紅白の提灯を目印に日光鉢石宿のおひなさま廻りをお楽しみください!
 【問い合わせ先:日光観光協会 0288-54-2496】
- | comments (0) | trackbacks (0)